伊達の純粋赤豚

「伊達の純粋赤豚」とは

logo005伊達の純粋赤豚は、デュロック種の純粋豚である「しもふりレッド」を純粋交配させたもので、毛色が赤いので赤豚と名付けられました。

肉は淡いピンク色で非常にやわらかく、多汁性に優れています。赤身部分はキメが細かくしなやかで、脂の部分は濃厚な旨味が特徴です。

他の食材とも合わせやすいので、どのようなお料理にしても美味しく召し上がれます。

「伊達の純粋赤豚」の食味

やわらかくジューシーな肉質が特徴です。また、脂肪のオレイン酸が多く融点が低いため、なめらかな舌触りも特徴的です。

 

「伊達の純粋赤豚」の飼育環境

自社農場と宮城県内の指定農家が、愛情を込めて育てており、肥育前期から抗生物質・駆虫剤を使用せず、独自の指定配合飼料を使用しています。

出荷前には専任スタッフが全頭を食べて味をチェックします。この検査基準を満たさなければ、精肉として出荷されません。