仙台老舗菓子店 「九重本舗 玉澤」のお菓子

仙台銘菓「九重」とは

九重

明治三十四年、明治天皇の仙台行幸のおりに、制作過程にあった香り豊かな柚子の香りする菓子を献上し、お供した東久世道禧公より万葉の古歌にちなんで、この御菓子を「九重(ここのえ)」と命名いただきました。

 

現在、弊舗の商号としても皆様にお馴染みとなっております「九重」はこの時より始まった御菓子で、あられの様な粒をお湯に溶かしていただく優雅な飲みものになる御菓子です。

 

九重を初めとした「九重本舗 玉澤」のお菓子を各種取り揃えております。

 

 

「九重本舗 玉澤」とは

玉澤

延宝参年(西暦1675年)弊舗の初代、玉澤伝蔵が仙台藩 第四代藩主 伊達綱村 公の招きにより近江の国(現在の滋賀県)から来府し、仙台藩のご城下・国分町に「御用御菓子司」として開業いたしましたのが”玉澤”の始まりです。

 

藩政時代、店を構えたご城下・国分町の横丁はいつしか”玉澤横丁”と呼び交わされるようになり、ご城下の人々に菓子作りの玉澤として親しまれた様子が伺われます。