三陸塩竈 ひがしものマグロ

「三陸塩竈 ひがしもの」とは

ひがしもの三陸東沖で、秋口から冬場(9月〜12月)にかけてマグロ延縄船によって漁獲され、塩釜市魚市場に水揚げされる生マグロ類のうち、特にメバチマグロは「鮮度」「色つや」「脂のり」「うまみ」に優れ、塩釜にいる日本一の目利き人(仲買人)の目にかなったものを「三陸塩竈ひがしもの」として売り出しています。

 

すべてのメバチマグロが「三陸塩竈ひがしもの」ではなく、次の条件が満たされたものだけがブランドとして総称されるのです。

 

認定される条件

  • 千島海流(親潮)と日本海流(黒潮)がぶつかり合う三陸東沖漁場で鮪延縄船によって漁獲されるメバチマグロであること。
  • 塩竈市魚市場に水揚げされ、秋口〜冬場にかけての期限限定であること。
  • 天然もので、冷凍保存を施さない生のメバチマグロであること
  • 「鮮度」「色つや」「脂のり」「うまみ」などを兼ね揃えたもので、塩釜の目利き(仲買人)として誇りと確信をもって提供できるものであること。

 

「三陸塩竈 ひがしもの」の食味

認定基準にもあるように、鮮度よし、色艶よし、脂のりよし、うまみよしのブランドマグロのため、マグロ本来の食味を堪能することができます。